日住サービスは、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、関西みらい銀行、みなと銀行、三井住友信託銀行、日本生命保険、住友生命保険、東京海上日動火災保険、カワサキライフコーポレーション、神鋼不動産、和田興産などが資本参加している資本金15億6,850万円の総合不動産会社です。(東京証券取引所上場)

トップ > 建物状況調査サービス・既存住宅売買かし保険+設備保証(保険)サービス

建物状況調査サービス・既存住宅売買かし保険+設備保証(保険)サービス

一戸建てのご売却をご検討のお客様へ2つの安心サービス

第三者機関による
「建物状況調査(インスペクション)」サービスを致します

検査費用を弊社で負担

売主様・買主様にとって安心・安全・確実なお取引を致します

  • 建物検査
  • 設備検査
  • 給排水管路検査
  • シロアリ検査

※1.既存住宅状況調査技術者が国の定めた「既存住宅状況調査方法基準」に従い調査を行います。 ※2.検査会社の定める基準の調査を行います。

対象不動産
居住用の一戸建て(原則弊社エリア内)
対 象 者
弊社と新規に3ヵ月間の専属専任又は専任媒介契約
(媒介価格が1,500万円以上、且つ査定額の125%以内)を締結され、
弊社規定の仲介手数料をお支払い頂ける
個人・法人の売主様(宅建業者を除く)
築 年 数
築後30年以内の一戸建て
条   件
①屋根裏点検口、床下点検口が設置され、且つ内部の確認ができること
②床面積200m²以上または4階建以上又は連棟の住宅は不可

※検査で発生する水道料、電気料金、ガス料金、再検査料、補修費用等はお客様のご負担となります。
他の特典・サービスと重複する場合、その他条件等により本サービスを利用できない場合がございます。
詳細はお尋ねください。

【主な検査箇所】

木造(軸組工法)一戸建て住宅の例

図

【検査会社・保証(保険)会社】
※検査会社により保証(保険)会社が異なります。

検査会社 保証(保険)会社
建物状況調査 設備検査 既存住宅売買かし保険 設備保証(保険)
リビングポイント(株) (株)住宅あんしん保証 リビングポイント(株)
ジャパンホームシールド(株) (株)日本住宅保証検査機構 住生活少額短期保険(株)

調査依頼された売主様が、弊社で成約された場合
「既存住宅売買かし保険」+「設備保証(保険)」
サービスを致します

保険・保証費用を弊社で負担

【既存住宅売買かし保険】

  • 保証期間5年
  • 保証金額1,000万円
【保証対象部分】
  • 建雨水の浸入を防止する部分物検査
  • 構造耐力上主要な部分
  • 給排水管路部分

建物における売主様の瑕疵責任や買主様の不安が少なくなり安心です。
ご希望のお客様は担当者までご連絡ください。

+

【設備保証(保険)】

保証期間
1
保証修理限度額
①リビングポイント(株):製造から10年以内は1事故あたり10万円
製造から10年超は1事故あたり
給湯器:6万円・水栓:2万円・その他:3万円
保証金額
②住生活少額短期保険(株):製造から15年以内は1事故あたり10万円・
製造から15年超、30年以内は1事故あたり2万円
※②については「既存住宅設備保険」へ加入します。 (引受会社:住生活少額短期保険(株)関東財務局長(少額短期保険)74号) ※既存住宅設備保険の詳細につきましては、普通保険約款・特約集をご参照ください。 普通保険約款・特約集はこちら ▶︎
保証対象設備
給湯器、キッチン、浴室等の住宅設備で検査時に不具合が生じていないもの ※設備保証(保険)はリビングポイント(株)の保証、若しくは住生活少額短期保険(株)  の「既存住宅設備保険」のいずれかとなります。
対象不動産
弊社の斡旋にて建物状況調査を行い、検査結果が基準に適合している一戸建て住宅
対 象 者
対象不動産の個人・法人の売主様(宅建業者を除く)が弊社で成約した場合。
検査で不適合と判断された場合、その指摘箇所を全て補修し再検査を受けて
適合すれば、本サービスをご利用頂けます。
※再検査料、補修工事費用はお客様負担となります。
条   件
①新耐震基準で建築された建物で、建築確認等その証明書類が提出できる事。
②検査及び保険法人の書類審査による結果の受領が住宅のお引渡し前である事。
③初回の検査日から保険付保(お引渡し日)までが1年以内である事。
注意事項
①既存住宅売買かし保険は、不動産のお引渡し後ではお申込頂く事ができません。
②特に税制優遇等で既存住宅売買かし保険の付保証明書を利用する場合、
 お申込から発行まで約2週間程度必要です。余裕をもってお申込下さい。
③お引渡し後にリフォームを実施した場合、その施工不良部分は保証対象外になります。
④既存住宅売買かし保険と設備保証(保険)はセットとし分離はできません。
※既存住宅売買かし保険が不適合の場合、設備保証のみのお申込はできません。
※検査結果が基準に適合していても、瑕疵保険に加入できない場合があります。
ご売却をバックアップ!無料査定依頼

ページトップへ